グループウェアの機能とそれを使いこなすことの重要性

グループウェアは仕事の効率化を図る上でなくてはならない道具となりつつあります。


しかし、いくら便利な道具でもそれを生かすか殺すかは使用する人間次第なのです。

グループウェアには実に様々な機能が備わっています。
それを使いこなせれば大きな武器になりますが、電子の海深く眠らせていたのではただの宝の持ち腐れです。

NAVERまとめ情報を簡単に調べられます。

十全の力を発揮させるには備わっている機能ひとつひとつの意味合いと使い方を把握しなければなりません。

まず注目すべきは最初の画面であるポータルです。


ここにグループウェアの機能がすべて集約されています。



それぞれについてどこまで理解しているかを確認してみましょう。掲示板は関係者に急いで知らせることがある場合の連絡手段です。


ケータイなどを通じて閲覧することができ、メールやラインと違ってひとりひとりに送る手間をかけなくてよいのがメリットです。



また、ライブラリは社内の文書フォーマットを集約していますので分からないことがあればいつでも確認ができます。

電子会議も欠かすことができない機能です。

これがあれば同じ場所に集まらなくても複数の人間が話し合うことが可能なので、いちいち時間を調整して会議室に集まるなどという非効率なやり方からの脱却を図れます。


ワークフローは自社の仕事の流れが今、どうなっているかを視覚的に教えてくれるので関係者が多いプロジェクトでも連携が取りやすく、効率的に仕事をすることができます。


これらはグループウェアにおけるごく基本的な機能ですが、このようにひとつひとつその意味合いを理解することで仕事はより実りあるものになっていくでしょう。